すい臓がんにウコンが有効
ウコン、がんにも有効 世界的研究者が報告

 酒の悪酔い防止に効果があるとされるウコンが、がんや心臓病の予防・治療にも効果を持つ可能性が高い−。医薬品メーカー「セラバリューズ」(東京都千代田区)が1日に行った研究発表会「ウコン成分“クルクミン”の多様な機能と応用研究の最前線」で、日米の研究者がこのような報告を行った。

 都内で行われた発表会には、クルクミン研究の世界的権威で米テキサス州立大MDアンダーソンがんセンター教授のバラット・アガワル氏や日本人研究者ら計5人が参加した。

 この中で、アガワル氏は「クルクミンを摂取すると、がんのリスクが低減するほか、肥満、糖尿病、高脂血症などほとんどの慢性疾患を予防できることが実験で示されている」と強調した。

 秋田大大学院医学系研究科の柴田浩行教授も「大腸がんの治療中にクルクミンに出合った。クルクミンは数多くの病気の因子を標的にできる成分として期待できる」と報告した。

 このほか、静岡県立大薬学部の森本達也教授が「心臓病にも効果がある可能性が高い。現在臨床を進めている」と説明した。

 京都大医学部の金井雅史助教は、膵臓(すいぞう)がん治療の新薬としてクルクミンが注目されていることや自然由来の成分であり安全性が極めて高いことを紹介した。

2010年11月4日 産経新聞
| 抗酸化作用 | ↑TOP
再発がん・末期がんの食事療法
がん予防 食生活改善6つの目標、もっとも有効な“予防法”

がんにならない毎日の食習慣


 “食欲の秋”に水を差すわけではないが、がんの原因の約50%は口を経由する食事、アルコール、添加物などにあるといわれる。(ちなみに喫煙は30%)。あなどってはならない日々の食習慣。『がんにならない毎日の食習慣』(祥伝社黄金文庫)の著者で、PET専門施設「西台クリニック」の済陽高穂院長にがんを防ぐ食事のポイントを聞いた。

 消化器外科医として大学病院、都立病院などで長年がん治療にかかわってきた済陽院長は、16年前から手術できない再発・末期がんに食事療法を積極的に取り入れてきた。

 がんの縮小、消滅におけるその主な部位別の有効率は、

乳がん・前立腺がん…75%、
大腸がん・肝臓がん…70%、
胃がん・悪性リンパ腫…60%、
すい臓がん・子宮がん・卵巣がん…50%、
肺がん・胆道がん…40%。

食養生こそもっとも有効な“治療法”でもあるのだ。

 「済陽式食事療法」の具体的な内容は著書に詳しいが、済陽院長は「がん予防では、これぐらいは習慣づけてもらいたい」と食生活のポイントを次のようにあげる。

★塩分は1日5グラム未満に抑える

 「調理の場合には減塩塩、減塩しょう油をほんの少し風味づけに使う。刺し身などは減塩しょう油を酢やレモン汁で割って使う。あとはダシを効かせたり、香辛料や香味野菜を活用する」

 加工品に含まれる塩分にも要注意だ。

★週2、3回は玄米や五穀米のご飯にする

 玄米のぬかや胚芽には抗がん成分やビタミンB群が豊富に含まれる。

 「玄米や五穀米、また海藻類やキノコ類といった縄文時代に近い食事内容ががんの予防・抑制に非常に有効なのです」

★毎朝、野菜や果物の生ジュースを飲む

 食事療法で最も重要になる根幹は「野菜・果物の大量摂取」という。

 「人はもともと草食動物。1日1キロを目安に半分は生ジュース(作り方は別表)で、残りは生野菜や温野菜で摂る」

★ヨーグルトを毎日300グラム食べる

 人の腸内には300種類・100兆個以上の腸内細菌が住んでいる。「加齢と共に善玉菌のビフィズス菌の割合が減少し、逆に悪玉菌が増えてくる。これががんなど病気の原因になる。プレーンヨーグルトの常食で善玉菌の優勢を保つことが大切」

★肉料理は週2、3回にとどめる

 がん治療では牛・豚・羊は摂取禁止になる。が、予防では「できるだけ控えて、動物性タンパク質は皮なし鶏むね肉、青魚、貝類などで摂取する」。卵は1日1個までだ。

★豆腐を1日1丁以上は食べる

 可能なら2丁が理想で、「豊富に含まれるイソフラボンが乳がん・前立腺がんのリスクを8割減少させる」という。

 すべて同時に実践するのはかなり難しいが、1つずつ近づけるように心がけておきたい。

がんにならない生ジュースの作り方】

 果物ジュース(毎日)
 野菜ジュース(週2、3回)
 ☆り ん ご 1個
 ☆キャベツ 1/4個
 ☆グレープ フルーツ 2個
 ☆にんじん 2本
 ☆レ モ ン 2個
 ☆ピーマン 1個

(1)農薬を落とすために前夜から水につけておく。
(2)りんごは皮を半分だけむく。グレープフルーツ、レモンは皮をむき種を取り、ざく切りにする。野菜はざく切りにする。
(3)ジューサーにかける。 
(4)ハチミツ大さじ2杯を加え、混ぜて完成。
    ※取り置きせず、しぼりたてを300〜500ml飲む。

2010年10月13日 ZAKZAK
| 抗酸化作用 | ↑TOP
わさびの抗がん作用
ワサビの辛みで老化防止?=健康食品などに応用期待−中部大

 ワサビの辛み成分が、がん糖尿病などの病気予防や老化防止に役立つ可能性があることを、中部大(愛知県春日井市)の三輪錠司教授らの研究グループが線虫を使った実験で突き止めた。新たな健康食品の開発などへの応用が期待されるという。米オンライン科学誌プロス・ワンに17日(米国時間)掲載される。

 三輪教授によると、生物の遺伝子や細胞は、喫煙や農薬などから摂取される毒物や、エネルギーを生み出す際に発生する活性酸素で傷つく「酸化ストレス」にさらされている。過度の酸化ストレスを受けると損傷が蓄積され、がんや糖尿病などの病気だけでなく、老化の原因にもなると考えられている。

 三輪教授らは、線虫に農薬などの酸化ストレスを与える実験を行った。そのままだと線虫は死んでしまうが、ワサビの辛み成分「アリルイソチオシアネート」(AITC)を与えると、酸化ストレスを排除するための酵素が活性化。与えなかった線虫に比べ、生存率は3時間後で約2倍、5時間後では約3倍になるなど大幅に上昇したという。

2010年2月17日 時事通信
| 抗酸化作用 | ↑TOP
肺がんリスクを下げる食品
イソフラボンで肺がんリスク低下 非喫煙男性で最大57%、厚労省調査

 厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)は5日、喫煙の経験がない男性が大豆食品に含まれる「イソフラボン」を多く摂取すると、肺がんにかかるリスクが最大で57%下がるとする疫学調査の結果を発表した。

 研究班の島津太一・国立がんセンター研究員は45〜74歳の約7万6000人を平均11年間追跡。みそ汁や豆腐を食べる頻度をもとにイソフラボンの一種「ゲニステイン」摂取量を推定し、多い順に4グループに分類して摂取量と肺がんリスクの関連を調べた。追跡中に男性3万6000人のうち481人、女性4万人中だと178人が肺がんにかかった。

 男性全体ではイソフラボン摂取とがんリスクの間に関連はみられなかったが、喫煙したことのない男性に限ると、最も摂取量の多いグループ(1日平均61ミリグラム)は最少グループ(同11ミリグラム)と比べてがんにかかるリスクが57%低かった。女性も摂取量が多いほどリスクが下がる傾向がみられたが、統計学的に意味があるほどの差は確認できなかった。

2010年2月6日 日本経済新聞
| 抗酸化作用 | ↑TOP
がん進行リスクを低下するコーヒー
コーヒーで死亡率高い前立腺がんのリスク低下も−ハーバード大研究

12月8日(ブルームバーグ):米ハーバード大学メディカルスクールの研究によると、死亡率高い前立腺がんの進行リスクがコーヒーを飲むことで低減する可能性がある。

同大チャニング研究所のキャスリン・ウィルソン氏ら研究者が20年間にわたり男性5万人を対象に実施した研究では、1日6杯以上のコーヒーを飲む男性の5%は、1杯も飲まない人よりも病気が進行するリスクが60%低いことが分かった。飲む量が比較的少ない人では効果は小さく、比較的初期の症状の患者の間では関連性は見られなかったという。

コーヒーと前立腺がんの関係を指摘したのは今回の研究が初めてで、以前の研究では関連性がないと報告されていた。ウィルソン氏は従来と異なる結果について、前立腺がん患者をすべて同列に扱わず、病状の進行度別にコーヒーの飲用との関係を初めて分析したことが理由かもしれないと指摘。今回の結果を確認するにはさらなる研究が必要だと語った。

米国がん協会(ACS)によると、米国では今年、20万人近い男性が前立腺がんを患い、2万7000人余りが死亡した。米国人男性の間では、前立腺がん肺がんに次いで2番目に死亡率が高い悪性腫瘍となっている。


2009年12月9日 ブルームバーグ
| 抗酸化作用 | ↑TOP
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE